皆さま、こんにちは!
いよいよ12月に入り、今年も残すところ1か月を切りましたね。
紅葉ももう終わっていると思いつつも、京都御苑へ行ってみました。
所々に赤く染まった紅葉が残っていましたが、もう枯れ落ちる手前という感じでした。

歩き進めていると、遠くに黄色く輝く場所があったので向かうと・・・
黄金色に輝く銀杏の大木に人が集まっていました。
銀杏のある下は小山の様な坂になっていて、それが一面黄金色でとっても綺麗。

落ち葉が広がり黄色一面の景色はこの時期の短い期間にしか見れない貴重な光景で
お散歩ついでに綺麗な景色を見れてラッキーでした!

次に白峯神宮へ向かいました。

白峯神宮

白峯神宮は御祭神は崇徳天皇と、淳仁天皇。蹴鞠の宗家、堂上家(公家)、飛鳥井家の屋敷の跡地です。
鞠、球技、芸能上達の神として知られる精大明神をお祀りしています。

ご利益に授かりたい方はこちら蹴鞠の碑へ!
作法は、鞠の守護神「精大明神」を二拝二拍手一拝でお参りし、次に石鞠を1回まわします。
ちなみに私は球運とは無関係なので、見るだけにしておきました。

本殿でお参りしました。
左右に大きな鈴が置いてあり、向かって左側が重い鈴、右側が軽い鈴。
大人用と子供用かな?

こちらは蹴鞠をする場所。
蹴鞠保存会により、毎年4月14日(春季例大祭・淳仁天皇祭)と7月7日(精大明神例祭・七夕祭)に奉納蹴鞠が行われているそうです。

境内を見学していると、曇り空から晴れ間が出てきて急にぽかぽか陽気に変わりました。

お昼時ということもあって、焼き立てパンが食べたくなって白峯神宮から徒歩で数分のパン屋さんに向かうことに。
京都はパンの激戦区でもあるんですよ。パンの消費量も全国1位と言われています。
白峯神宮の近くにも数店のパン屋さんが点在しており、どのお店にしようか迷いましたが、
今回はPin de Bleu(パンドブルー) 堀川今出川本店さんへ。

お手頃価格で美味しいパンと評判が高いようです。
丁度お昼時でしたが、半分以上は売り切れているような感じでした。
車で買いに来る人や、次々とお客さんが訪れていてました。
店内はパンの良い香りが広がっていて、どれも美味しそうで普段は2~3個しか買わないのですが
お手頃価格ということもあって、5個買ってみました。なんと!5個で600円という良心的価格。
京都はパンのレベルが本当に高く美味しいパンが多いのですが、1個当たりの値段は200円台のお店が多い中、
街中にあるパン屋さんで1個120円という価格は企業努力をされているのが分かります。
接客も丁寧で、持っていたマイバックにパンを入れてくださいました。
購入したパンはこちら↓

どれもとっても美味しかったです!
手前にあるタルトはドライフルーツに、ちょうど良い甘さのクリームチーズ味のクリームが入っていて美味しくお気に入りに。
また近くへ行ったら寄ってみようと思います。

帰りにもう一度京都御苑を通ると、行きとは違い太陽が出ていて紅葉が光り輝き
とっても美しかったです。

銀杏の木もまだまだ人足が絶えず、大人気でした。

今年の紅葉も見納めですが、最後に綺麗な紅葉を見れて良かったです!

これから年末にかけて寒さが厳しくなりますが、どうぞご自愛くださいませ。
それでは、良い週末をお過ごしください。

 にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
前の記事2021年紅葉 南禅寺
次の記事2021年紅葉ハイライト 永観堂
初めまして、WEBディレクターの市香です。 現在、京都市在住で観光関係の仕事に就いています。 京都街歩きが好きで撮りためてきた写真と京都の情報を まとめて当サイトで発信していきます。 皆さまの観光のお役立ちになれば幸いです。

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here