3月下旬、桜が満開の円山公園へ。
京都は3月中旬から4月上旬が桜の見ごろなので、この時期になると世界中から桜を見に
京都を訪れる観光客が多く、ホテルなども宿泊費がどーんと跳ね上がるんです。
一泊1万円以下のホテルでも桜の時期になると一泊3万円~5万円でも満室になるぐらい
人気なんです(笑)GW中の京都は本当すごいです。
正直、あまり人混みや夜に出かけるのは好きではないのですけど、この時期にしか見れない桜なので
仕事帰りに思い切って行ってみることにしました。🚶‍♀️

上の写真は木屋町通で、老舗の料亭や飲食店が多く立ち並ぶ風情ある通りです。
春になると桜並木になり夜にはライトアップもされ桜の名所なんですよ✨

とても桜が美しくて多くの人が訪れていました。

川は高瀬川といって江戸時代の初期(1611年)に京都の中心部と伏見を結ぶための物流用に造られた運河なんです。
それから大正9年までの300年間もの間水運に使われていて、
川の名称の「高瀬」は当時使われていた船の名前「高瀬舟」がきているそうです。

こちらが再現された高瀬舟↓

円山公園に到着すると、まだ明るいですが想像通りすごい人の出でした。
露店が出ていてお祭りムード一色に!

日本を象徴する花は桜と菊ですが、桜は本当見ていると癒されます。
短い期間にこれだけ美しく咲き、はかなく散っていく・・・古来から日本人にとって特別な花というのがわかりますね~。

あちらこちらの露店から良い匂りの誘惑が・・・花より団子になってきました(笑)

円山公園でのメインがこちらの枝垂れ桜↓

見事な枝ぶりです。夜には桜のライトアップもされるんですよ!
多くの人々がこの枝垂れ桜を囲んで写真撮影されていました。

桜の時期ならでは、松明が焚かれていました。

ずっと来たいと思っていた円山公園のお花見もできて充実の一日でした。

帰りはライトアップされている木屋町通を見てから帰宅します♪

円山公園は八坂神社とつながっているので、通って帰ったのですが
こちらもすごい人の多さでした。

夕方に来た時とまた違った風景に様変わりしていました。
ライトアップされ華やかな雰囲気に。

楽しいと時間が経つのが早いですね。

円山公園・木屋町通の桜並木とってもおすすめです。
行かれる際は、人混みは覚悟しておいてくださいね(笑)

前の記事何度も行きたくなるお寺 【三十三間堂】
次の記事酒どころ伏見桃山 下町水郷めぐり
初めまして、WEBディレクターの市香です。 現在、京都市在住で観光関係の仕事に就いています。 京都街歩きが好きで撮りためてきた写真と京都の情報を まとめて当サイトで発信していきます。 皆さまの観光のお役立ちになれば幸いです。